物損事故と物損の損害賠償

交通事故においては、人が怪我を負った際の人身損害に加えて、車両同士が接触した場合や、積載物が破損した場合に、物に関する損害が生じることがあります。

物的損害について、保険会社が適切な支払いを行ってくれない場合、弁護士に相談してみることを強くおすすめします。

この場合、車両等の所有者は、物及び車両の修理費用相当額や、破損したことによって失われた価値(評価損)、破損したことによって生じたコスト(買い替え費用、代車費用等)、破損していなかった場合に得られていたはずであろう利益(休車損等)について、損害賠償請求することができます。

その中でも、修理費が、事故当時の車両価格及び同種の車両を購入するのに要する費用(買い替え諸費用)の合計を上回る場合(いわゆる経済的全損の場合)は、その合計額にとどまり、修理費用全額を請求することができません。

その場合に、最大限の賠償を得る方法として、車両価格をどのように算定するか、市場調査を含めて幅広い情報収集を行う必要があります。

このように、車両についてのこれらの損害の算定にあたっては、裁判所の示す判例をもとに、適切な主張を展開する必要がありますので、ネクスパートの弁護士に依頼することを強くおすすめします。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る