CRPS、RSD、カウザルギーと損害賠償

CRPS、RSD、カウザルギーと損害賠償

RSD(CRPS)は、疼痛、腫脹、関節拘縮、皮膚変化を主な症状とする外傷後の疼痛です。

皮膚が変色し固くなる症状や、腫れ上がるような症状が慢性的に発症している場合には、RSDの発症を疑ってみましょう。

このうち、RSDを、主要な神経損傷を伴う疼痛であるカウザルギーと区別する場合もありますが、いずれも末梢神経の異常亢進が原因で抹消の血流が阻害され、組織が萎縮して疼痛が発生すると考えられています。

 

主要3症状とは

自賠責保険の認定基準としては、関節拘縮、骨の萎縮、皮膚の変化という慢性期の主要な3つのいずれの症状も健側と比較して明らかに認められる場合が要求されています。

自賠責はこれらの要件を厳格に要求しており、灼熱痛、誘発痛(アロディニア)、感覚異常(知覚鈍麻)、皮膚変化等のCRPS特有の自覚症状が症状固定時に残存しており、医師によってCRPSとして診断されていること、また、可動域制限やレントゲン画像によって、関節拘縮や骨萎縮が客観的医学的に証明されたことを要求しています。

自賠責の適切な認定を得た上で適切な損害賠償を獲得するために、まずは弁護士に相談しましょう。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る