自転車で交通事故に遭われた方へ

加害者が自転車に乗車していた場合

歩行中、加害者が自転車に乗車していて交通事故に遭った場合、被害者の方にはとても困難な状況が待っていることがほとんどです。

というのも、自転車については自賠責保険のような制度はありませんし、損害保険に加入している方もそう多くないと思いますので、保険による支払いを受けることができない可能性があります。

その場合でも、打つ手がないわけではありません。

 

加害者本人に直接請求する

加害者本人に直接請求してみましょう。

これについては、運転者本人に資力がない場合もあり、その場合、自転車事故の被害者は泣き寝入りすることになってしまいます。

そこで、弁護士に依頼したうえで、分割払い等なにかしらの譲歩が必要ですが、交渉によって解決することが考えられます。

そのほか、被害者ご自身の加入する人身傷害保険を請求することができるか、確認することをおすすめします。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る