保険未加入(無保険)と交通事故

交通事故に遭われた被害者が、加害者に損害賠償請求をしようとしたところ、加害者が任意保険に加入していない場合があります。

その場合、無保険加害者が十分な金額の損害賠償をすることができない場合がほとんどです。

したがって、事故を起こした加害者が保険未加入だった場合に、被害者の方は、どのような請求を誰に対して行っていくのか、頭を悩ませる事になります。

 

1 加害者の自賠責保険を利用する

加害者が無保険の場合、まずは加害者の自賠責保険に対して保険金の請求ができますが、この場合、損害の全額についての賠償を受けられるわけではありません。

なお、自賠責すら未加入であった場合には、自賠責に相当する部分は、政府保障事業が補填してくれます。

症状固定までの部分についての限度額は120万円ですし、後遺障害慰謝料等の金額も、裁判基準と比べて大幅に少なくなっています。

これは、自賠責保険は、法律による強制加入の保険ですが、被害者の最低限度の救済を目的としていることによります。

さらに、自賠責は人身損害部分に限られ、物損は賠償してくれませんので、思うような被害回復が実現できない場合がほとんどです。

 

2 被害者の任意保険を利用する

このような場合に、自賠責以外の回収方法としては、①被害者ご自身が加入する任意保険の人身傷害保険が使える場合があります。

これによって損害の大部分を補填してくれるケースもありますので、保険の約款をしっかり確認するか、保険会社の担当者に聞いてみるのもいいかもしれません。

 

3 加害者本人に直接請求する

この他の方法としては、②事故の相手本人に直接請求するという方法があります。

これについては、加害者本人と交渉の上、加害者の財産状況に応じて、強制的な手段を採用するか分割払いによって示談することもありますし、情報を収集した上で方針を検討する必要があります。

被害者ご本人で交渉を行うのは困難な部分がありますので、まずは、弁護士にご相談いただく必要があります。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る